全身鍼灸について

肩こり、腰痛、冷え、頭痛、めまい、疲れ、女性特有のお悩みや原因のわからない不調(不定愁訴)などさまざなお体のお悩みを鍼と灸により改善させていくメニューです。

当サロンでは、自覚されている不調に加えて、部分的な治療ではなく東洋医学的にお体全体を診させていただき、不調を起こしている原因の根本を探し、体質改善も同時におこなっていきます。

ひとりひとりの体の状態や目的、その日の体調に合わせた施術になりますので、オーダーメイド治療になります。

東洋医学では、診察の元となるのが、望診、聞診、問診、切診の4つの診察法を総合した四診といわれる方法であり、四診をもとに体の状態を把握し治療をおこなっていきます。

望診

望診とは、顔や舌、動作、姿勢、皮膚の状態などを視覚を使って見分けていきます。東洋医学では身体の内部、とくに臓腑の状態は顔面や舌と密接な関係を持っており、顔色を見る他に『舌診』も行っていきます。舌は身体の中で起こっているメッセージを伝えており、舌診により、舌体の形態、色、苔の厚さ、質を観察させていただき、体調や体質を把握していきます。(コーヒーや色素の強い食べ物は舌に付着しやすく本来の舌の状態を見分けにくくなってしまうので、診察前はなるべくお控え下さい)

聞診

聞診とは、聴覚と嗅覚を使い、状態を聞くと同時に『聞』には『においを嗅ぐ』という意味がございます。声の具合や呼吸器の音、咳の様子などを耳で聞いたり、においから身体のサインを把握していきます。

問診

問診とは、患者様やご家族から疾病の発生時期、原因、経過、痛みの部位、生活習慣など他にも色々と詳しく質問させていただき情報を収集する診察法になります。主訴とは関係なさそうな事柄まで聴取して診断するのが東洋医学的問診の特徴です。

切診

切診とは、触れる診察方法で、主に触感を用いた『脈診』とお腹に触れる『腹診』が重要となってきます。東洋医学での脈診は術者の人差し指、中指、薬指を患者様の左右の手首の3ヶ所に当てて脈の性状(強さ、回数、リズムなど)や深さから臓腑の状態を診ていきます。腹診では皮膚の温度や感覚、腹部全体の筋肉の厚さや薄さ、弾力、緊張、つかえた感じなどを触れたり押したり、軽く叩いて音を聞いたりし細かく診断していきます。 (健康な人のお腹は全体的に温かくつきたてのお餅のように適度に柔らかいといわれております)